ダメリーマンの年収研究&時事NEWS!

東海地方在住42才男性ダメリーマン兼妻と子供3人の5人家族の大黒柱です。 株(オワコン)、物販(オワコン)、ブログ、不動産関係で副収入の構築を模索します。 ブログでは ・いろんな会社の年収調査と口コミ公開 ・時事ネタを発信 終了コンテンツ ・利益商品情報配信 ・株式投資情報 ※労力が掛かる割にリターン少なすぎて挫折しました

タグ:Amazon

私と同じ事を考えて情報発信をされてる方のおすすめ品。 おそらく。私より利益となる情報を配信されてるのだと思いますが、何故これなのか?が未だ理解できない

【思うところ有り長文にて失礼します】【今日はPC】


改めまして自己紹介します。
東海地方在住の41才 男性で、妻と子供3人、5人家族の大黒柱です。一応。
職業は製造業の生産技術エンジニア部門に所属しており、役職は係長で給与所得は900万程度です。
現在の金融資産は約3000万、(ローンが1500万。)

会社でもプライベートでもイロイロ有り過ぎて、心の健康を失ってしまい早 半年弱が経過しまして、精神薬の服用は継続してますが、今や元気いっぱい?に回復することができました。
主治医、産業医ともに復職Goサインが出ましたので6月上旬にも復職となります。
これまでの期間で、大変ご迷惑をおかけした職場上司、部下、仲間たち、
そして 支えてくれた家族への感謝の気持ちを忘れないよう、人生最後の大連休を、しっかりと振り返ろうと思います。

まず、11月に頭痛が発症し、もしや?と思いながら睡眠薬の処方を受けながらも症状悪化し1月下旬に休職。
そして、2月中旬までは自宅でしっかりと療養し、転職サイトへの登録など、現実逃避を模索しました。
が、転職はデメリットのほうが間違いなく大きい、との結論にいたり、給与所得を補えるだけの、副収入の構築を模索し始めました。
3月中は自宅に引きこもって、作戦を練りまして、株の値動きに規則性があるとしてら令和の錬金術だ!との
思い込みで過去の様々なイベント周辺の値動きをひたすらリサーチ。
その結論として、3種類の規則性を発見?し、4月より実際にトレードを開始。バックテストは過去2年分。。。
無料ツールを使い、過去20年分、全銘柄対象でバックテストしようとしたが、私のシステムに合致した条件が設定できないため、残念ながら中断。
投資の元金は250万ほどで、4月度はプラス60万円。5月は少しマイナスだが、手数料を差し引けばプラスだ!と自分に言い聞かせてます。
バックテストの結果では複利運用しなくとも、年間1000万程度の利益が出せると思ったが現実は厳しい!
何かロジックに間違いがあるのだろう、と疑っているが、原因にたどり着けていない。

株の運用に加え、不動産投資を模索。妻名義でプライベートカンパニーを設立しようと思ったが、設立費用&維持費がバカにならないので、個人事業主でスタート!
うまくいったら法人化して生活費をガンガン経費で落とすと心に誓っています。が、不動産投資は現実問題として、資金調達のハードルが高いため、物販を模索。その中で転売・せどりに着目してしまい、AMAZONへの出品アカウント作成およびツール類の整備(10000円/月の費用発生)を実施し、家電量販店やドンキでスキャンしまくりました。結果、ボチボチ値幅を取れ、売り切ることが出来そうな物が見極められるようになってきました。
ものは試しで、5万円分くらい仕入れてみたのでFBAで納品する手続きを進めているのが現状。

これらを振り返ってみると、私の行動の成否はわかりませんが、同じように苦しむサラリーマンに対して、希望を与えられるのではないか?そして、それをお金に変えられるのではないか?と思いたち昨日からブログ運営の準備を始めました。現在は、ブログ開設、twitter連携まで進んでおり、あとはグーグルアドセンスからの合格をいただく必要がある段階です。そこで障壁は発生しました!1500文字程度ある記事が必要だというのです。そして今、その対応をしているわけです。
普段は2、3行の退屈な株の経過報告を1日数回している程度。今後は、定期的に今回のような振り返りを行っていこうと思います。そして、チャネルを3つに分けます。将来はもっと増やす。
1.株式取引 2.物販 3.ブログ運営
順調に進めば、不動産、不労所得 についても増やしていきたい。

今後の資産拡大方針として、株と物販で得た利益の25%ずつは其々への再投資に回し、残りの25%は不動産用の積立、残り25%は住宅ローン返済に充てようと思います。ローンが終わったらS&P500の購入を進めます。
その上で株の割合を徐々に引き下げていきます。全ては絵空事になる可能性もありますが、副業ダメリーマンは一生懸命に頑張ります。応援してください。

そして、迷惑をかけた会社の皆さんへの感謝を忘れず、全力で本業に取り組みます。


以上、長文・乱文 大変失礼いたしました

このページのトップヘ