ダメリーマン奮闘記!年収研究&時事ニュース発信

東海地方在住41才男性ダメリーマン兼妻と子供3人の5人家族の大黒柱です。 うつ病を克服し、株、物販、ブログ、不動産投資で副収入の構築を模索します。 ブログでは ・私の趣味である株取引の収支、銘柄公開 ・いろんな会社の年収調査と口コミ公開 ・時事ネタを発信 終了コンテンツ 利益商品情報配信 ※労力が掛かる割にリターン少なすぎて挫折しました

時事ニュース

マスク氏、テスラ株売却も-60億ドルで飢餓解決と国連が証明できれば


何千万、何億という人命が、個人資産で救われる。
これは希望に見えるが、資本主義経済の大問題とも考えられる。
例えば、世界中が共産主義であったら、今よりは富が平等に分配されるのだろうか?

東証 70年ぶりに株取引時間を30分延長へ


延長してもまだ短い。
銀行の窓口も同じような時間感覚だけど、バックグラウンドでやらなきゃならない業務が山程あるんですかね。

単にホワイトなだけなら羨ましいです


帝国ホテル 新本館、外観デザインを発表。2036年完成予定


生きてるうちに、一度は泊まってみたいなあ。素敵です。

ただ、周りの建物が大きすぎで、褪せてしまうんじゃないか?って思った。
イメージでは周りの色が目立たない様にしてあるけど。

でも、プロがしっかり差別化出来るように設計するんでしょね

麻生氏「コメがうまいの温暖化のおかげ」発言 火消しに躍起の政府


麻生太郎元総理、なんのために思い込みかつ的はずれな事を発言するんでしょうか。。。

庶民と異なる金銭感覚を持ち、努力した人の感情も省みない。
おバカちゃんには、政権中枢からは退いて欲しいです。



ビットコイン先物ETF取引開始の効果、強気なアナリストら1BTC当たり2000万円を視野に


強気ですねー!
2000万行くと、弱小マイナーの私も日収2000円くらいになりますねー!

激アツですー

カルビ、ハラミ...まるで本物? 代替肉に焼肉店も熱視線<WBS>


食べてみたいな。
ウエストがパンパンなので、ダイエットできるかなあ?

ここで一句

憎くって
脂肪燃やそう
肉食って

衆院選公約、与野党「現金給付」競う…対中政策で違い鮮明


見やすいね。

共産党、なかなか良いと思ったが、外交政策が致命的かな

アマゾンが17年前から「パワポ禁止」する深い理由


アチャ~。
我が社は逆に、何でもかんでもパワポにまとめろ!な会社やー(汗)

潰れちゃうかな。
まだ困るな。

しかし、自分自身でもアイデアなどまとめるのに、パワポにまとめる以外、方法が悲しいくらい思いつかない。

あー、未熟者やわ

一律10万円を再給付、消費税は5%に引き下げ…国民民主が衆院選公約


まずは国民民主党。
悪くないと思う

ひろゆき氏、ホリエモンからの絶縁に「事実認識がおかしくなってる気がする。どうしちゃったのかな?」


ひろゆきが正しい気がします。

ホリエモンは友人の仇討、と言わんばかりに、餃子店を潰しに掛かった。
そもそも、友人の言動を正しく把握したんかな。と思う。
しかし、店側が どのようなニュアンスで話したのか?は気になる。逆鱗に触れるような言い方したのかな。

LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ
カテゴリー
プライバシーポリシー
個人情報の保護について 「http://naryukoto.net/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 個人情報の管理と第三者への開示制限について 当ブログでは、ユーザー様の個人情報を適切に管理し、以下の各号に該当する場合を除き、あらかじめユーザー様ご本人の同意を得ることなく、第三者に開示・提供することはございません。 (1) 法令に基づく場合 (2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ユーザー様ご本人の同意を得ることが困難であるとき 広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。 アクセス解析ツール 当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能は、Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。詳しくは Google アナリティクス利用規約 または Googleポリシーと規約をご参照ください。 ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。