ダメリーマン奮闘記!年収研究&時事ニュース発信

東海地方在住41才男性ダメリーマン兼妻と子供3人の5人家族の大黒柱です。 うつ病を克服し、株、物販、ブログ、不動産投資で副収入の構築を模索します。 ブログでは ・私の趣味である株取引の収支、銘柄公開 ・いろんな会社の年収調査と口コミ公開 ・時事ネタを発信 終了コンテンツ 利益商品情報配信 ※労力が掛かる割にリターン少なすぎて挫折しました

楽天の年収

楽天の年収情報

会社概要

・会社名:楽天株式会社
・所在地:東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
・社員数:
・その他:

年収目安

・平社員:450万
・主任:600万
・係長:750万
・課長:850万
・部長:1000万

社員クチコミ

仕事の量が本当に膨大で、残業が非常に多いと思う。しかも、この仕事に対する努力が給料に反映されているとも思えない。もっと給料に反映されれば社員のモチベーションにも繋がると思われる。非常に体力勝負なところがあるので、体力に自信のない人は入社しないほうが良いと思う。
・英語ができれば少しずつ上がっていく。できなければずっと上がらない。英語ができる人、大企業で働きたい人には合っている会社。ただ、電通や博報堂などの広告代理店、三菱商事、三井物産、住友商事などな総合商社、外資系コンサルティング会社、メガバンクなどの人の話を聞いていると、まったく給料は高くない。
・報酬は同年齢の地方公務員とほぼ同じが目安。実力主義と言い二次評価者までは絶対評価をしながら最終評価者の所で同じ格付けの相対評価(調整)が入る。さらに部署業績の達成状況が影響するため格付けが上げるにつれて成果=昇給とはなりにくくなる。但し若くして高給を得る者(特に営業)も多く実力で勝負したい者は挑戦する価値がある。
新卒重視で、良い言い方をすれば新卒一年目から多くの仕事を任せてもらえる。ただ、悪い言い方をすると新卒ばかりに仕事が集中してしまい、残業時間も膨れ上がっている状況。
・まずは幹部として入社することが手っ取り早い。生え抜きではなかなか経営の中枢には行けない。次に、派手な成果をあげること。目立つことをやらないと、同じポジションは維持できない。もちろん、社長や経営層が望んだとおりの成果でなければいうまでもない。但し、それを実行するには社内的な制約が非常に大きいという現実がある。
・残業をするかは部署によって大きく違いますが、ベースは早く帰る習慣の企業文化となております。また定時で帰るアナウンスも二週間に一度あり、帰りやすい環境となっております。休日出勤はほとんどなく、カレンダーどうりに休日が取得できると思います。仮に休日出勤をした際は、しっかり振替休日を取得することが可能です。
・産休を取る方も多くいるので女性も働きやすい環境だと思います。時短勤務も積極的に活用できると思います。部署によっては女性営業の方が成果を出してあることも少なくないです。
・一応女性が働くための環境を作るための委員会みたいなのがあり、女性の管理職も市場事業や開発や編成等の大組織内でもちらほらいて、重要なポジションに就いていたりする。
経営陣とも定期的に会議みたいなのもしていたりする。
産休制度も整っているので、産休後に復帰する人はかなり多いので、女性が働く環境はそれなりに整ってるのではと思う。

企業研究

色々な企業の、・世代別年収 ・従業員の口コミ など、リサーチしてます!
ご覧下さい!


#給与明細 #生涯賃金 #就職偏差値 #年収 #報酬

1等12億円 当せん者に呼びかけ いまだ現れず

それ、僕のです!
て、言いたいなあ


LINE読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ
カテゴリー
プライバシーポリシー
個人情報の保護について 「http://naryukoto.net/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。 個人情報の管理と第三者への開示制限について 当ブログでは、ユーザー様の個人情報を適切に管理し、以下の各号に該当する場合を除き、あらかじめユーザー様ご本人の同意を得ることなく、第三者に開示・提供することはございません。 (1) 法令に基づく場合 (2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ユーザー様ご本人の同意を得ることが困難であるとき 広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。 アクセス解析ツール 当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能は、Cookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。詳しくは Google アナリティクス利用規約 または Googleポリシーと規約をご参照ください。 ウェブサーバの記録 当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。 免責事項 利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。